外貨建てMMFの始め方@資産運用

外貨建てMMFの基礎知識と証券会社の選び方

外貨建てMMFを始めるには...

このサイトを読むと、外貨建てMMFを始める事ができるようになります。
  • 「外貨建てMMFの基礎知識を身に付けたい」
  • 「外貨建てMMFの魅力を知りたい」
  • 「外貨建てMMFと外貨預金を比較検討したい」
  • 「外貨建てMMFを始める手順を知りたい」
  • 「証券会社を比較検討したい」
  • 「おすすめの証券会社を知りたい」
  •   ・・・・・・・・・・・・・
このような要望や問いにお答えします。

「外貨投資を検討したい」 とか、「外貨建てMMFはどうだろう?」 と思ったとき、まず次の3つの点をおさえておくと良いでしょう。

1. 外貨投資の目的をハッキリさせる
最初に、何のために外貨投資を行おうとしているのかをハッキリさせましょう。
それによって、投資対象となる商品(ファンド)や利用する証券会社の選び方が違ってきます。
よくあるパターンは次のようなものでしょう。
  • 国内の預金金利が低いので、外貨で高利回りの運用を行いたい。あくまでも、円資産を増やすことが目的。
    ⇒ 利回りとリスク(為替リスク等)を第一番目に考えて商品を決める。その商品を扱っている証券会社のなかで条件のよいところを選ぶ。

  • 海外で生活する予定があるなど、外貨のまま使用する目的で運用を行いたい。
    ⇒ その通貨での決済や入出金が行える証券会社が便利。

  • 円の価値が下がって円資産が目減りする場合を想定して、資産を複数の通貨に分散しておきたい。いざと言う時には外貨を円に替えるつもりだが、それまでは外貨のまま運用を続ける。
    ⇒ 取り扱い商品が多い証券会社や、外貨決済・外貨入出金が行える証券会社が便利。

  • 為替差益を狙いたい。
    ⇒ この場合は、FXの方が良いかもしれません。
2. 外貨建てMMFのメリット・デメリットを理解する
外貨投資の目的がハッキリしたら、外貨建てMMFがその目的に合っているかどうかを確かめましょう。 このサイトの別ページ(外貨建てMMFの魅力)に外貨建てMMFの魅力とデメリットがまとめてありますので、参考にしてください。

為替差益だけを狙っている人以外は、外貨建てMMFは有力な選択肢だと思います。
特に、外貨投資が初めての方にはおすすめです。

3. 外貨建てMMFの基本は長期運用であることを理解する
外貨建てMMFは長期運用が基本です。

外貨建てMMFでは、利回りに対してリスクやコストが相対的に大きくなります。

主なリスクは為替変動リスクで、外貨建てMMF購入後、為替が不利な方向に動くことも考えておかなければなりません。初めから長期運用をするつもりでいれば、為替が有利になってから換金すればよいのです。

また、主なコストとしては為替手数料があります。これは、外貨建てMMFの購入時と解約時に1回ずつ、合計2回支払うだけです。従って、長期運用で利益が蓄積されていれば、為替手数料は相対的に問題にはなりません。運用期間が短いと、利益がまだ少なく為替手数料を回収できないことがあります。

以上のことから、外貨建てMMFでは長期運用が基本となります。
詳しくは、「外貨建てMMF運用上の注意」のページを参照してください。

おすすめの証券会社

大多数の方には、楽天証券をおすすめします。その理由は...
  • 取り扱い通貨が抜きん出て多い。
  • 為替手数料が最低水準。
  • 最低購入単位が少なくて済む。
  • 外貨での決済や外貨での入出金など、円を介さない柔軟な資金の運用が可能。
    (もちろん、円決済もできます。)
  • Webページの説明が丁寧でわかりやすい。
米ドルに限って言えば、松井証券の方が若干為替手数料が安いですが、トータルに見ると楽天証券のメリットが際立っています。このサイトでも詳しく比較していますので、参考にしてください。

取り扱い商品と為替手数料の比較
購入単位・決済通貨・入出金通貨

楽天証券の資料は、こちらから請求できます。
         ↓  ↓  ↓



資産運用一般についてはこちら
株式投資用の教材についてはこちら

外貨建てMMFの魅力と始め方