外貨建てMMFの始め方@資産運用

外貨建てMMFの基礎知識と証券会社の選び方

サイトトップ > 外貨建てMMFと外貨定期預金

外貨建てMMFと外貨定期預金

外貨建てMMFと外貨定期預金を比較して、表にまとめました。
外貨定期預金と比べて、外貨建てMMFの方が明らかに有利なポイントについては赤の太字で示しています。逆に、外貨建てMMFの方が不利なポイントについては青の太字で示しています。

重要ポイント
  • 外貨建てMMFの方が、少額から投資できて解約も自由、為替手数料が安く、為替差益が非課税で、証券会社が破綻しても資産が全額保護されます。
  • 外貨建てMMFの方が不利な点として、管理報酬等の費用がかかります。
  • 外貨建てMMFは元本保証ではありませんが、過去1週間の利払い実績を考慮して運用先が決められるため、元本割れになる可能性はほとんどありません。

外貨建てMMF
外貨定期預金
利回り
外貨定期預金と同等以上
米ドル: 0.238%
ユーロ: 0.453%
豪ドル: 2.252%
NZドル: 2.127%

米ドル: 0.2706%
ユーロ: 0.4139%
豪ドル: 1.3092%
NZドル: 1.2078%
最低申込金額
外貨定期預金より少額
米ドルで1,000円程度から
10万円から
解約の自由度
いつでも解約可能
(一部解約も可能)
中途解約できない
保有中の費用
管理報酬等がかかる
米ドルで年率0.85%が上限
なし
為替手数料
外貨定期預金の半分程度
米ドルで片道25銭
米ドルで片道1円(=100銭)
(ネットバンキングなら半額)
為替差益にかかる税金
円決済の場合は非課税
雑所得として課税
金利にかかる税金
分配金の20%が源泉徴収
利息の20%が源泉徴収
元本保証(外貨ベース)
保証されない
(事実上、元本割れなし)
保証される
資産保護
分別管理で全額保護
預金保護の対象外
* 外貨建てMMFは楽天証券、外貨定期預金は三井住友銀行の場合。
* いずれも、2009年5月のデータ。

外貨建てMMFの魅力一覧