外貨建てMMFの始め方@資産運用

外貨建てMMFの基礎知識と証券会社の選び方

サイトトップ > 取り扱い商品と為替手数料の比較

取り扱い商品と為替手数料の比較

証券会社別に、購入できる外貨建てMMFの種類(=外貨の種類)と、為替手数料を表にまとめてみました。 同じファンドは同じ色で示してあります。また、カッコの中には片道の為替手数料が示してあります。

米ドルはさすがに3種類のファンドがありますが、他の通貨はどこの証券会社でも同じファンドを扱っています。

でも、為替手数料は違います!(← ここチェックポイント)

また、楽天証券の品揃えが際立っていますね。為替手数料も最低水準です。

楽天証券は多くの方におすすめです。
(楽天証券の公式ページ: 【楽天証券】最大6,200ポイント!



米ドル
ユーロ
豪ドル
NZドル
カナダドル
南アフリカ
ランド
楽天証券
ファンドA
(25銭)
ファンドD
(50銭)
ファンドE
(70銭)
ファンドF
(70銭)
ファンドG
(80銭)
ファンドH
(30銭)
マネックス証券
ファンドB
(25銭)
ファンドD
(50銭)
ファンドE
(70銭)
×
×
×
松井証券
ファンドA
(20銭)
×
×
×
×
×
トヨタFS証券
ファンドC
(50銭)
ファンドD
(60銭)
ファンドE
(70銭)
ファンドF
(80銭)
×
×
SBI証券
ファンドA
(25銭)
×
×
×
×
ファンドH
(?)
* ファンドA: ゴールドマン・サックス・米ドル・MMF
* ファンドB: ニッコウ・マネー・マケット・ファンド USドル・ポートフォリオ
* ファンドC: モルガン・スタンレー・マネーマーケット・ファミリー 米ドル・ファンド
* ファンドD: ニッコウ・マネー・マケット・ファンド ユーロ・ポートフォリオ
* ファンドE: ニッコウ・マネー・マケット・ファンド オーストラリア・ドル・ポートフォリオ
* ファンドF: ニッコウ・マネー・マケット・ファンド ニュージーランド・ドル・ポートフォリオ
* ファンドG: ニッコウ・マネー・マケット・ファンド カナダ・ドル・ポートフォリオ
* ファンドH: ホライズン・トラスト 南アフリカ・ランド・マネー・マーケット・ファンド
* 表の情報は2009年5月時点のものです。


証券会社の選び方一覧